難しく言えばセラミドは細胞膜に高い濃度で存在している物質です。そして、それは別名細胞間脂質とも言われています。
これを説明すると、角質細胞という細胞がくっつきあって構成されている「肌」の中で、この細胞を繋ぎ止める働きをしてくれているのがセラミドです。つまり、肌の中の大事な接着剤であるという事です。又、この細胞間脂質、つまりセラミドは接着剤の役割だけではなく、異物などが肌内部に侵入するのを防いでくれるというバリアの役割もしてくれているものです。又、セラミドは肌のうるおいや保湿機能の改善、更に肌から水分が蒸発するのを防いでくれたりと、正に天然のスーパー物質なのです。
今、私達の周りで売られている化粧品の中の「セラミド」は米、小麦、大豆、こんにゃく芋、ほうれん草などの植物から抽出されたものです。つまり、化学物質ではないのです。
つまり、何が言いたいかというと、例えば「セラミド配合クリーム」というものをたっぷり塗るということはお肌の表面上だけに補っているに過ぎないのではないかという疑問が湧いてくるという事です。
勿論、何もしないより何かで潤いを補ったほうがいいに決まっているのですが単に潤いを補うのであれば、なおさら、セラミドにこだわる必要はないかと思います。普段の保湿クリームで十分だと思うのです。

CX_DG053

例を挙げると人間に必要な栄養素を全てサプリメントだけで補うのと同じなのではないかという事です。
セラミドも同様で、一時的にダイレクトに肌に与えることよりもセラミドを生成する上記のような食品を摂取して初めてセラミド入りクリームが生きるのではないかと思うのです。

ヒトへの自然の産物

人は生まれた時からセラミドという素晴らしい物質を体内に持っています。ですから肌が乾燥したり、又、何かしらのトラブルを抱えてしまった時には
元々持っている物質を摂りこんで補ってあげるということが理にかなっていると言えるでしょう。いつも黙々と肌を守ってくれているのは紛れもなく十分な水分と適度な油分です。
これらがなかったならば外界からのあらゆる刺激で、肌がダイレクトにダメージを受けてしまいます。
しかしながら人間は加齢だけではなく、体調不良や生まれつきの肌質などによって、水分が不足してしまったりして乾燥肌になることがあります。
そして、それにも関わらず特に何も対策をしなかったならば当然、肌は完全に剥き出しの状態となり、あらゆるダメージを受け、結果、乾燥性敏感肌になってしまいます。ひとたび乾燥性敏感肌になってしまうと、中には痒みや痛みで眠れなくなるという症例もあります。
ですから保湿には人間に一番近いセラミドの補給が必要となってくる訳です。
一番いいのは現在、セラミドを作っている食品を摂取する事が望ましいでしょう。
しかし、今日、明日、という話にはなりませんのでやはりお肌に直接与えてあげて即効で補うことも不可欠となって来ます。
そして、減少しているセラミドを更に追い打ちをかけるように減少させるのは洗顔とクレンジングであるという事も知っておいたほうがいいかと思います。
特にクレンジングは脱脂力が高いので簡単に奪い取ってしまいます。ですから、ファンデーションを選ぶ際などは出来るだけ刺激の少ないクレンジングで
落とせるようなものを選ぶことが保湿のために頑張ってくれているセラミドを守るという事に繋がっていくのではないでしょうか。

如何にして現実に対応するか

セラミドは実は赤ちゃんの時をピークに減少していきます。そして、30代を境にガクンと減少の一途を辿っていきます。確かにそう考えると私自身も保湿クリームを真剣に使うようになったのも30代からだったような気がします。
50代になるとセラミドの量は20代の半分になると言われています。
そして、更に60代になると90%の人が乾燥肌であるというデータがあります。超高齢化社会の今、このデータはちょっと切なさを感じずにはいられなかったのですが、これが現実のようです。
昔の60代に比べて今の60代の方は元気です。手枷足枷もなくなって人生を謳歌出来る時代でもあります。だったらセラミドの減少を少しでも食い止めたり、又、それは不可能だとしても人生も肌も、潤いをキープしながら日々を過ごしていきたいものですよね。
ではどうすればいいでしょうか。
やはり、日頃のお手入れでのクレンジング剤の選び方を考えることは勿論、洗顔の時にはしっかり手の中で泡立てて、泡で洗うようにして決してゴシゴシせず、また、タオルドライの時も軽く押さえるなど工夫して、とにかくまずは肌に刺激を与えることは今日から止めましょう。
そして、次に内面からセラミドや、それに代わるものを取り入れる事が大事ですね。例えば、最近ではセラミドの入ったサプリメントもありますし、ビタミンCを摂ったり、又、パンではなくお米を中心とした食生活を心がけるなど、日頃、口から入れるものを意識することで随分変わってくるのではないでしょうか。
後、最後に肝心なことは入浴です。冷えはセラミドのみならず万病の元ですからシャワーばかりでは良くないですが、長湯も乾燥しやすいです。ただ、あれもダメ、これもダメ、というのもしんどいですので長湯をされるときには是非40度以下のお湯に設定されることをお勧めします。

セラミドはどんなものがいい?

HT103_350A
最近注目されているセラミドを使った化粧品。
でも、たくさんあってどんなものがいいのか。分かりませんよね。
特に多いのがセラミドの種類で戸惑う人が多いということです。

セラミドには種類があります。そして、偽物と本物があります。
偽物のセラミドは、擬似セラミドといって単に「セラミド」としか書いてないことが多いです。
セラミドに似た保湿成分を使っているのですが、本来の保湿力を発揮できません。

では、本物のセラミドはどうでしょうか。化粧水を購入する前に成分表をチェックしましょう。
「セラミド1、セラミド2、セラミド3」などセラミドの後に数字が付いているものが本物です。
特にセラミド2は保湿性に優れていて、化粧品などに使われていることが多いです。セラミド美容液にも使われています。髪の毛にもセラミド2は含まれているため、髪の毛に使っても大丈夫です。

セラミド1に関しては、肌のバリアを強化することができるため、アトピーの治療などに使われます。
セラミド3も2と同じく保湿性に優れているといわれています。

オールインワンゲルでスキンケアの時間短縮

20140813-001
オールインワンゲルはとてもスキンケアの時間が短縮出来ます。朝の時間はとても大切です。そんな朝の時間を短縮したい人には、ピッタリの化粧品と言えるでしょう。
朝これから仕事に行く人にも良いし、子供が小さくて、自分が化粧にかける時間があまりない子育て中の女性にもピッタリです。たった一つ塗るだけで、スキンケアが完了するなんて、本当に夢のような化粧品なのです。
忙しいなどと言い訳をいして、それまで自分に対してスキンケアをきちんとしていないと感じている人は多いでしょう。そんな人には、絶対に使ってみて損はないオールインワンゲルなのです。一つの工程で何役もこなしてくれるので、肌の調子も絶対に良くなることは間違いない化粧品です。

オールインワンゲル メディプラスゲル をチェック♪