保湿成分をチェックして!

保湿といってもただ水分を与えても意味がありません。水を顔に塗っても意味がないですよね。角質層で水分を保持しているのはセラミド。セラミドを肌に補ってあげれば乾燥はしないはずなのです。

gf1420432572

セラミドの種類を知らないと意味がない

セラミドとひと口に言っても実は種類がいくつかあります。化粧品の中に含まれるセラミドの種類は主に4つ。天然セラミド、ヒト型セラミド、植物性セラミド、合成セラミドです。この中で効果が高いのは天然とヒト型の二つ。天然セラミドは馬の胎盤などから抽出されており、非常に浸透性も高く、アトピーにも効果的と言われていますがお値段がお高いのが残念なところ。安価のものは含有量が少ないと思ったほうがいいでしょう。
注目すべきはヒト型セラミドで、酵母から生成されており、人の体内のセラミドとほぼ同等の構造。このヒト型セラミドが含まれている化粧品が保湿に優れて手が出しやすい、ということになるのです。
ちなみにこのヒト型セラミド、成分表記ではセラミド1、2、3といった表記になっているようです。

セラミドを含む化粧品

富士フィルムが独自の開発で生み出したアスタリフト。カメラのフィルム製造メーカーが化粧品を作ったということと、有名タレントのCMでかなり注目されました。また、従来のセラミドよりもナノサイズ、かなり小さく分散し、吸収力を9倍にアップしています。セラミド含有化粧品の先駆者的存在です。
小林製薬のヒフミド。抗酸化に優れ、保湿成分も高いホホバオイルを含んでいます。このホホバオイル、エステでも高級オイルとして使用されていますが、ネィティブアメリカンのあいだではやけどや湿疹の治療薬として使用されていて安全性は抜群です。
ポーラオルビスのディセンシア。ポーラ研究所のオリジナル技術でCVアルギネートという海藻から生成した成分がコラーゲン生成にも役立つため肌のハリにも期待できます。
これらの製品は全てトライアルセットが用意されており、敏感肌で合うものが見つからない、といった方にもオススメです。