スキンケアアイテムとして、最近ニベアと並んで注目を浴びているのが「ワセリン」。
お肌や手、唇のケアにはもちろん、傷の修復にも良いのだとか。
今回は、ワセリンの魅力に迫ってみましょう。

ワセリンの使い道は?

かかと、顔、唇、手、目元、更には指先のひび割れやささくれ、鼻の穴の周囲に塗って花粉症対策、靴擦れやまめ防止、虫刺されや口角が切れた際と、オールマイティーな効果が。
何と、人間の身体だけでなく、油汚れを落とし、革製品のお手入れ、靴磨きにも使えるそうです。

どんな成分が入っている?

ワセリンはもともと石油から作られています。
石油と聞くと、お肌に悪そうと思う方もいるかも知れません。だけどご心配なく。石油はそもそも、植物が堆積し変性したもの。もとは植物性の油なのです。
この油から不純物を取り除き、高純度に精製したものがワセリンです。dai-0338

黄色っぽいアメリカ製ワセリンが一般的ですが、更に純度を良くしたものが白色ワセリン。
ドラッグストアでも出して貰えます。更に精製して不純物を減らしたのがプロペト、更に精製したのがサンホワイトです。大変安全で低刺激です。
酸化しにくく、肌への刺激も少ないので、アトピー性皮膚炎の治療など皮膚疾患やお肌のトラブルの治療に、大人ばかりでなく乳幼児に対しても処方されます。

どんな効果が期待できる?

ニベアのように、保湿に役立つアイテムと思っている方も多いでしょう。
確かにそうなのですが、ワセリンの効果は、めくれ上がった角質細胞を元の位置に貼りつけてバリア機能を正常に戻し、乾燥や刺激から守ること。
界面活性剤と違って、ワセリンは角質層を破壊しません。
まずは、角質層を正常な状態に整えることから、なんですね。

使い方は?

一箇所に塗るのに、米粒半分程度の量で良いとされています。それを、掌で温めてから患部に押し付けるように塗ること。
ベタベタになるのは禁物です。付けすぎは、新陳代謝とも言える水分の蒸発をも防いでしまうからで、お肌が正常な働きをしなくなってしまいます。
指で鏡を触ると鏡に指紋が付きますが、ワセリンもそのぐらいの量で充分。
適切な量を使えば、お肌本来の働きを邪魔することなく、傷んだ角質層を修復し結果的に健康なお肌に近づけてくれます。

いかがでしょうか?
むやみに化粧品に頼らず、健康なお肌を目指したいというシンプル志向の方にはぴったりのアイテムと言えそうですね。